遠近両用コンタクト 老眼鏡

遠近両用コンタクトでお悩み解消!

遠近両用コンタクトの一番のメリットは?

老眼

 

 

年齢ともに近くのものが見えにくくなってきたという方にも、もちろんコンタクトレンズによって解決できます。遠近両用コンタクトレンズというものがあるのです。

 

遠近両用眼鏡は知っているけど、遠近両用のコンタクトレンズというのもあるの?

 

というように思った方もいるかもしれません。たしかに従来は老眼の方が使用する遠近両用のためn視力矯正といったら眼鏡が人気でしたが、近年のコンタクトレンズ世代の人たちは、40代、50代以降になり、老眼になってきたら、遠近両用コンタクトレンズを選択する人たちが多くなってきているのです。

 

ちなみに老眼というと、お年寄りの視力状態をイメージする方もいるかもしれませんが、名前は老眼といいますが、実際には30代後半になると、多くの人が老眼が始まりだします。

 

さて、近年人気になってきた遠近両用コンタクトレンズですが、実は遠近両用のメガネよりもよっぽど便利だったりするのです。
いままでコンタクトレンズをご使用になられたことがある方ならご存知かと思いますが、裸眼と同じように広い視野がみえるようになります。

 

メガネと違って、雨の日や、ちょっとしたお鍋からでる湯気でこもって前が見えなくなってしまうということはありません。
また、遠近両用コンタクトレンズであれば、趣味のスポーツも、たとえ激しい動きのあるスポーツでもずれることもありませんし、汗を気にする必要もありません。

 

一番のメリットは、遠近両用コンタクトレンズであれば、遠近両用メガネのように、遠くを見るとき、近くを見るときによって、視線を意識的に上下に動かすようなこともしなくていいのです。裸眼の時と同じように、自然な状態で、ピントが合い、遠くも近くも見えるのです。

 

各レンズメーカーから、1日使い捨てや2週間交換タイプの遠近慮用コンタクトレンズが発売されていますので、この機会に一度チェックされてみるといいかと思います。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ