遠近両用コンタクト 老眼鏡

遠近両用コンタクトでお悩み解消!

遠近両用コンタクトの一番のメリットは?

老眼

 

 

年齢ともに近くのものが見えにくくなってきたという方にも、もちろんコンタクトレンズによって解決できます。遠近両用コンタクトレンズというものがあるのです。

 

遠近両用眼鏡は知っているけど、遠近両用のコンタクトレンズというのもあるの?

 

というように思った方もいるかもしれません。たしかに従来は老眼の方が使用する遠近両用のためn視力矯正といったら眼鏡が人気でしたが、近年のコンタクトレンズ世代の人たちは、40代、50代以降になり、老眼になってきたら、遠近両用コンタクトレンズを選択する人たちが多くなってきているのです。

 

ちなみに老眼というと、お年寄りの視力状態をイメージする方もいるかもしれませんが、名前は老眼といいますが、実際には30代後半になると、多くの人が老眼が始まりだします。

 

さて、近年人気になってきた遠近両用コンタクトレンズですが、実は遠近両用のメガネよりもよっぽど便利だったりするのです。
いままでコンタクトレンズをご使用になられたことがある方ならご存知かと思いますが、裸眼と同じように広い視野がみえるようになります。

 

メガネと違って、雨の日や、ちょっとしたお鍋からでる湯気でこもって前が見えなくなってしまうということはありません。
また、遠近両用コンタクトレンズであれば、趣味のスポーツも、たとえ激しい動きのあるスポーツでもずれることもありませんし、汗を気にする必要もありません。

 

一番のメリットは、遠近両用コンタクトレンズであれば、遠近両用メガネのように、遠くを見るとき、近くを見るときによって、視線を意識的に上下に動かすようなこともしなくていいのです。裸眼の時と同じように、自然な状態で、ピントが合い、遠くも近くも見えるのです。

 

各レンズメーカーから、1日使い捨てや2週間交換タイプの遠近慮用コンタクトレンズが発売されていますので、この機会に一度チェックされてみるといいかと思います。

 

 


近眼コンタクトから遠近両用コンタクトへ

子供の頃には1.2あった視力が20代中頃から視力が悪くなり始め、近眼用コンタクトレンズを使っています。15年くらい前からは使い捨てのコンタクトレンズを使用していたのですが、50代になる頃から今度は老眼が出始めました。

 

当初は100均で売っている老眼鏡を、文字の読み書きの時だけ使用していました。しかし老眼が進み、パソコンで資料作成している時などは画面と資料を交互に見なくてはならず、老眼鏡では不便を感じていました。また、車の運転ではナビの画面が見えず、かと言って老眼鏡を掛けての運転では前方やサイドミラーがとても見難くなります。そんなこんなで、遠近両用タイプのコンタクトレンズを使い始めたのです。

 

当初、遠近両用コンタクトレンズは遠視も近眼も普段と同じ度数の物を使用しました。遠視の度数は問題なく、書類やナビの画面もストレス無く見る事が出来ましたが、近眼の度数は近眼専用コンタクトレンズよりも視力が出ないと感じました。パソコン操作や室内ではそれでも許容範囲ではありますが、車の運転、特に夜間や雨天の時、また駅などで視力の足りなさを感じました。

 

結局、次に購入した時には遠視の度数は変わらず、近眼の度数を上げて購入しました。遠近両用コンタクトレンズにする以前は電車の中などでスマートフォンでメールやニュースを読む事が出来なかったのですが、遠近両用にしてからは読めるようになりました。また買い物では老眼鏡無しには値札や食品表示が読み難く、それでも一々老眼鏡を出して見るのはとても面倒でしたが、遠近両用コンタクトレンズにしてからはそれも無くなり助かっています。生活の質がかなり上がったのを実感しています。

 

ただ、やはり近眼専用のコンタクトレンズに比べると値段が高いのが難点ではあります。ワンデーの近眼専用コンタクトレンズと比べると、ワンデーの遠近両用コンタクトレンズは概ね倍近くの値段ではないでしょうか。ですので、現在は多少不便であっても普段は近眼専用コンタクトレンズを使用し、車で遠出をする時や何かのイベントの時のみに遠近両用コンタクトレンズを使うようにしています。もう少し値段が安くなれば毎日使えるのに残念です。また私が使用した遠近両用タイプのコンタクトレンズは薄く柔らかく、装着し難さを感じました。この点も改善されていくと良いなと思います。

遠近両用コンタクトを使ってみて

私は今60代なのですが、50代の頃に遠近両用のコンタクトレンズを使っていました。今思えば、老眼が出始める40代に遠近両用コンタクトレンズを使い始めるべきだったと思います。

 

当時の私はかなり老眼が進んでいたこともあり、度数を近くに合わせると遠くの見え方に違和感がありました。車を運転するとき、特にまぶしさを感じました。私の場合は、どうしてもその違和感を克服することが出来ず、使用を断念してしまいました。車を運転する機会も多かったので仕方がないのですが、室内ではとても快適に使用出来ていたため、ちょっと残念でした。

 

50代になるとほとんどの人が、雑誌を見るときや小さな文字を見るとき、老眼鏡が必要になります。でも眼鏡になれていないと、かけたり外したりするのがとても煩わしいです。その煩わしさが嫌で、1年間ほど遠近両用のコンタクトレンズを使用してみたのです。初めてのコンタクトレンズでしたが、しばらくすればなれるだろうと思いたのですが、結局断念してしまいました。今は眼鏡にしています。

 

人によって合う合わないがあると思いますが。私の知り合いは70歳になりますが、今でも遠近両用コンタクトレンズを使っています。若い頃は近眼でコンタクトレンズを使用していたそうなので、コンタクトレンズ自体に慣れているようです。私は、眼鏡になってしまいましたが、使ってみて違和感がないようなら、絶対に遠近両用コンタクトレンズをおすすめします。

 

老眼が気になる方は、一度試してみるといいですよ。確かお試し期間があったと思います。その当時の私は、コンタクトレンズは初めて使ったので、なかなか目の中に入れられなかったのですが、眼科で上手に指導して下さいました。何回か入れているとコツがつかめて上手に入れられるようになります。初めての方でも心配ないと思います。

 

色々なタイプのコンタクトレンズがありますが、私は当時は2週間使い捨てのコンタクトレンズを使っていました。眼鏡は絶対に嫌だと思う人には、コンタクトレンズは良いです。使い捨てタイプは、手間要らずで良いのですが、チョット高めだったと思います。経済的な事を考えると2週間タイプがいいですね。毎日消毒をする手間はありますが・・・。私の経験から言いますと、老眼が気になりだしたら、早めに遠近両用コンタクトレンズを、試されることをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ